生活保護申請代行を依頼して困窮生活からの脱却を図ってみましょう

生活が苦しくなったら「生活保護申請代行」を利用する方法があります

生活していて、転職や予期せぬ病気や事故でお金に困ったことがある人も多いとはずです。その時は、家族や友人、かけていた保険でなんとか暮らしていけたという場合もありますが、本当に困った時には、生活保護があります。そして、この生活保護の申請は「生活保護申請代行」にお願い出来ます。その方法が行政書士と弁護士に分かれます。それぞれ見ていきましょう。

行政書士にお願いする場合、電話相談や申請書類代理作成でサポートが受けられます。本来であれば生活保護申請は、本人か同居する家族が住んでいる地域を所管する福祉事務局で手続きをします。ですが、生活に困っていて日雇いバイトや派遣で働く中窓口にいったり書類を作る時間がとれない人も多いです。この時に役立つのが生活保護申請代行です。書類作成をプロにお願いすれば出来た時間で働くことができます。

次に、弁護士に生活保護申請代行をお願いすることもできます。無料相談会が開かれており、そこで生活保護について詳しい弁護士が話を聞いて判断してくれるものがあります。実際に申請が可能かどうか、どれくらいの期間がかかるか、役所の窓口でどのように言われるのか等を詳しく知っている弁護士なら安心です。一度相談してみることで、今の生活を見直し立て直す手段が見つかるヒントになるかもしれません。

最新記事

お知らせ